スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク - - - -

アレルギー性鼻炎wiki

冬を快適に過ごす大命題は私の場合、寒さ対策・風邪対策そして鼻づまり対策です。
当ブログにもいくつか記事を書いたのですが、今日ネットで色々と見ていたらすごく使えそうなサイトを見つけました。

【鼻水】 アレルギー性鼻炎 【鼻づまり】

2ちゃんねるの鼻炎スレで書かれたことのまとめサイトだそうです。もちろん、一般の方々の意見がまとめてあるので、ちゃんとした治療についてはお医者さんにということになるんですが、これはこれで情報が集約されたなかなか使えそうなサイトだと思いました。

このサイトで、鼻水・鼻づまりのタイプを
(1)血管運動型
(2)炎症型
(3)根底型
にわけてあるんですが、自分の場合は(1)かなあと思いました。

この血管運動型とは
交感神経・副交感神経により鼻粘膜の毛細血管の収縮・拡張が原因。
飲酒・血圧の薬や精神の薬でも起こりうる。激しい症状でも交感神経
を活性化すれば治る。蒸しタオル・運動・緊張感・血管収縮剤入りの
市販の鼻炎薬、点鼻薬が有効。

なんだそうです。
確かにお酒を飲むと鼻詰まりますあせあせ
あとブログにも書きましたが、体を動かしたりみたいな血行を良くするようなことをするとスッと通ります。

今のところ鼻うがい(このまとめサイトでは症状が軽減する根拠は不明とありましたが)するとか蒸しタオル当てるとかで自分なりに対策をとっていますが、外出時とか仕事中の対策として市販の薬に頼っちゃうのもアリかな〜とちょっと心が動いてます。

市販の点鼻薬は使いすぎるとよくないとしきりに言われるのですが(検索するとけっこうでてきます)、でも鼻づまりの苦しさには変えられないんですよねー。


Posted by トライアルパラメディカルショップ - - - trackbacks(0)

鼻づまり解消法

鼻づまりは、鼻の奥が鬱血する、すなわち血行が悪くなって血液がたまり、鼻の通り道が狭まることから起こるそうです。

ですから鼻づまりを解消するには鼻のあたりの血行をよくすることが必要です。

そういえば鼻づまりになったときに、鼻づまりにいいというツボを押してみたり色々やっても何もならないのに、部屋を移動したりして環境を変えるとフッと鼻が通ったりすることがあります。あれはおそらく「暖かい部屋から寒い部屋へ」みたいな温度差によって、血行が良くなったりしたんでしょうね。

鼻周辺の血行を良くするということでまずあげられるのは、鼻を温めること。
蒸しタオルを当てれば一番良いのですが、職場などでそれができない時にオススメなのが、ドラッグストアなどで売っている蒸気温熱シート。

私が買ってきたのはコレです。
めぐりズム蒸気温熱パワー肌に貼るシート10枚
めぐりズム蒸気温熱パワー肌に貼るシート10枚
これを鼻に張り付けて上からマスクをすれば、見た目的にもダメージ少ないと思うのですがどうでしょうかたらーっ

あとは、全身の血行を良くするということで、ストレッチやヨガも有効です。
整体の本を見ると、「鼻づまりは頸椎4番の鼻づまり側の方を抑えて詰まっている方のナナメ上を向いてると治る」(ちょっとうろ覚えですが)なんて書いてあったりするのですが、私はあんまりそれで治ったことがないんですよね〜。
それよりも、適当にストレッチをしたり体を動かす方が治る確率が高いみたいです。


Posted by トライアルパラメディカルショップ - - - trackbacks(0)

鼻うがいで鼻スッキリ

鼻うがいは、風邪予防、花粉症やアレルギー鼻炎対策、また単に鼻が不快なときのスッキリ法としてよく知られています。私も鼻が弱いので、冬の乾燥する季節は鼻うがいで乗り切ります。これをするとほんっっとに不快感が消えてすーっと爽やかな鼻になれるんですよ!

やり方は、「塩水を鼻から吸って口から出す」ということなんですが、実は私はこの「口から出す」というのが難しくてできませんしょんぼり 鼻から吸って口から出すって難しくないですか!? ぜひともほっしゃんにそのコツを聞いてみたいところですイヒヒ

というわけで、私のやり方は、食塩水(ぬるま湯がおすすめです)を針のない注射器で鼻穴に注入し、一応鼻を吸ってみるもののやっぱり飲み込んでしまう、という、微妙なやり方です(笑)ですが、こんな中途半端な方法でもするとしないでは大きな違いがあり、鼻うがいのあとの鼻は本当にスッキリ穏やかです。鼻づまりのときでも、針なし注射器で勢いよく鼻の奥に注入していると、いつのまにか鼻がスッと通ってくるんです。

ちなみに「針のない注射器」とはコレ
071120_1828~0001.jpg

近々、当店で「ペット用の乳酸菌生産エキス」を発売するのですが、例えば小鳥やモルモットなど小さな動物に飲ませるためのスポイト的役割として、この注射器を同封する予定でおります男

そこで、余った注射器を1本頂きまして、鼻うがい、目の洗浄(これもあとでブログに書こうと思います)にと活用しているというわけなんです。


・・・と、ここまで書いて、他の方が鼻うがいついて書かれたサイトを見て回っていたら、お医者様が書かれているブログで、私も知らなかった「鼻うがいに関する注意点」を見つけました。

【鼻うがい下向き推奨】
お医者様の話によると、上を向いたり横を向いたりして鼻に塩水を流し込むようにすると、水が中耳の方に入り込んで中耳炎、副鼻腔に入ると副鼻腔炎に繋がる恐れがあるそうなんです。なので、下向きで鼻から吸って口から出すといいそう。私もずっと上向きで鼻うがいをしていたので以降気をつけますひやひや

↓こちらできちんと情報を確認してから行ったほうがよいようです。
ヤブ医者ブログ:鼻うがい

専用の機械もあるそうです
イズミ 鼻洗浄機 INC7000-W(イズミ)
イズミ 鼻洗浄機 INC7000-W(イズミ)

Posted by トライアルパラメディカルショップ - - - trackbacks(0)